勤務先への在籍確認はどう行われる?

勤務先への在籍確認はどう行われる?

カードローンやキャッシングの利用申し込みをした後で気になるのが、職場への在籍確認だと思います。

 

何故職場まで連絡が入るのかと不満に感じる方も多いようですが、借り入れをするためには必要不可欠なことなのです。見ず知らずの他人であるあなたに対してお金を貸し付けるので、申請内容に嘘や偽りが無いかを確認しなければ信用することができないからです。

 

借り入れが未経験であるという人にとっては、職場に在籍確認の電話が入ることに対して恐怖を覚えているのではないでしょうか。全く心配することはなく、基本的に行われる在籍確認は次の2つです。

 

1つは離席中や外回りに出ていたとしてもあなたに電話を代わってもらいたいと申し出たときに、電話を取った方がスムーズに会話を進めることができるかどうかです。あなたの名前を出して、会社に在籍をしているのかどうかに重点を置いた確認方法です。ここでは単にあなたが企業に属しているのかが分かればいいという判断基準ですので、それ以上のことを詮索はされません。

 

2つ目は確実にあなた本人に電話が繋がるまで在籍確認を行う方法です。前述のように純粋な在籍確認とは違い、一歩踏み込んだ方法と言えます。この場合貸し付け会社側のオペレーターと会話をする必要がありますが、質問されることは簡単なものばかりです。基本的には氏名や生年月日程度でしょう。ここで見極められるのが、借り入れ申請の内容とあなたが実際に答えたことに相違があるかどうかです。一つも不審な点が無ければ、それで在籍確認が終了するのが一般的です。

 

上記2つの確認方法を挙げましたが、この情報以外にも気になることがあるのではないでしょうか。貸し付け会社側が職場へ在籍確認の電話をしてきた際、カードローンやキャッシング会社名をそのまま名乗ってしまうかという点だと思います。職場への在籍確認では、オペレーターの個人名で電話をかけてきますので心配することはありません。

 

お金を借りる場合、基本的に職場への在籍確認を断る術は存在しません。確実に在籍していて申し込み内容に偽りが無ければ終了しますので、気を張らずにリラックスして構えましょう。